• 立体駐車場の種類と特徴

    車で大きなショッピングセンターやショッピングモールなどに行きますと、駐車場を利用しますが、郊外にある商業施設の場合を除いてその駐車場のほとんどは立体駐車場になっているはずです。

    立体駐車場について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

    できるだけ多くの車を駐車させるには立体駐車場が最も効率がよいからです。立体駐車場には大きくわけて機械式駐車場と自走式駐車場の二種類がありますが、さらにそれぞれ幾つかの方式があります。

    機械式駐車場はタワー式と多段式がありますが、タワー式はエレベーターのような作りになっており狭い土地に適している方式です。
    多段式は1台分のスペースを多層化する方式でパレットを上昇そして横行させて車を収容させる方式です。地形が複雑でも導入できるのがメリットです。


    自走式駐車場とは商業駐車場では最も一般的で最も目にする方式ですが、運転者の自走で目的の駐車スペースまで行く方式ですので自走式と名付けられています。

    例えば、商業施設の誘導員に案内されたり、または電光掲示板に導かれて各階まで進みますが、各階をつなぐ通路の方式によってフラットタイプ、スキップタイプ、連続傾床タイプの3種類にわかれています。



    この中で収容台数の効率が最も高いのは機械式駐車場のタワー式です。
    またタワー式は防犯およびセキュリティの面でも優れています。駐車場を設置するにはコストがとても重要な要素ですが、コスト面から最も有利なのは自走式です。
    反対に問題点に関しては使いやすさとか安全性の面で不安があるのは機械式駐車場の多段式です。
    一度駐車してしまうと出庫するまでにかなりの時間を要するからです。


    立体駐車場を設置するときはそれぞれの特徴に合わせて決めることが大切です。