• 立体駐車場の特徴とはなにか

    立体駐車場は複数の階層を持つ駐車場であったり、建物の地下や上層階を利用する立体的な構造をしている駐車場であり、駐車効率を高めることができるため、想定される利用者に対して十分な土地を用意できないときに使用されます。

    立体駐車場に関する情報が満載のサイトです。

    立体駐車場の形式は複数ありますが、駐車効率を高める場合には機械式を利用します。


    車を機械で昇降させるので移動のための通路が必要なく、少ないスペースで効率良く駐車することができます。


    ただし、機械を使うことによる欠点もあることを把握しておきましょう。車を昇降させている利用者と同じ機械に駐車していた場合には、その人の操作が終わるまで待たされます。


    メンテナンスをしないと故障して使えなくなるので、維持費の考慮も必要となります。

    監視員がいない駐車場では、遊んでいた子供に気付かずに巻き込むような危険な事故も起きるため、安全対策も重要です。
    十分なスペースがあれば自走式の立体駐車場が利用できます。



    主に平面駐車場を階層を移動するためのスロープで繋いだもので、安全で使いやすい形式です。メンテナンス費用も少ないので、利用者が減って維持が困難になることもなく、故障の心配もありません。



    スロープや移動のための通路が必要なことがデメリットになりますが、形式によっては必要なスペースを抑えられるものもあります。
    車の利用者が減ってしまったマンションで機械式から建て替えることもあるので、土地が確保できるのであれば最初からこちらにしても良いでしょう。